• セブ島の海
  • 学校の写真
  • Cebu.I.T.Parkの門
  • ジプニー(乗り合いバス)
  • 教室
  • あなたの気持ちに寄り添い
    成果を出すエージェント
  • 私たちのお客様の多くは、
    初めての海外、
    初めての語学留学の方たちです。
    学校は?環境は?カリキュラムは?
    立地は?費用は?
    そんな疑問にお応えします!
  • 3つのポイント 1.300以上ある学校から日本人に人気の学校を厳選 2.講師の質や授業、寮が安心出来る学校 3.日系・韓国系の学校なので食事が美味しい

あなたによりそう
“留学コンシェルジュ”

~ 満足できるセブ島留学を
私たちがサポートします!~

初めての留学でも
安心してください!

一見わかりませんが、留学紹介サイトは学校が運営しているもの、旅行代理店が運営しているものまでいろいろです。
私たち留学コンシェルジュは、「全員が実際にセブ留学経験者」です。
留学前、留学時に不安に思ったことなどの経験をもとに、お客様の視点に立った学校をお勧めします。
短期・長期間、ビジネス、TOEIC、スパルタ形式、リゾート形式、親子レッスンなど、様々なご要望をコーディネートさせて頂きます。
「セブ島留学コンシェルジュ」で留学を申し込んでも、学校に直接申し込んでも学費は変わりません。
手数料はいつでも0円!

留学コンシェルジュ Ikuyo Miyake 留学コンシェルジュ 池田 大樹

セブ島留学を勧める4つの理由

留学費用が他の国に比べて安い
フィリピンの物価は日本の3分の1以下と言われています。
もちろん人件費も日本の半分の水準です。
当然ですが欧米に留学するのと比べると学費は半分程度になります。
欧米には日本から10時間以上もかかるために、航空券代も高くなります。航空券代も欧米と比べると半分から3分の1程度です。
マンツーマン講習が充実
欧米ではグループ形式で授業が行われますがセブではほとんどの学校で3分の2くらいの時間をマンツーマン形式で授業を行います。
グループレッスンでは一人一人の発言時間が限られてきますがマンツーマンレッスンですと他の生徒を気にせずに英語を集中して話すことができます。
日本から近い
日本からセブ島への直行便は、約4時間30分で到着します。
短期留学の方には到着の次の日から受講いただける学校もあるので時間を無駄なく有効に活用して勉強して頂けます。
また、時差が1時間だけなので時差ボケもなく体に負担が少なく快適に授業にのぞめます。
アジアでも数少ない、英語が公用語の国
フィリピンはアメリカ・イギリスに続いて世界で3番目に英語を話す人口が多い国です。
フィリピンは英語が公用語です。小学校から国語以外は英語で授業が行われています。ですが、わずかながらフィリピンなまりがあるのは事実です。
しかし、学校の英語講師に関していえばなまりはあまり強くありません。基本的にはアメリカ式のきれいな英語で発音もクリアで聞き取りやすいです。

見出し

スタッフおすすめ学校

ページの上部へ戻る