見出し

最新留学情報

セブ留学体験
2017.05.07

セブ留学に必要なもの<生活編1>

[セブ留学に必要なもの]

持っていくものリストは、頂くことも多いのですが、足りないものもがあったり、体験上強調してほしかった!

リストがあるので、一覧にしてみました!
※必須すぎるものは、読んでいてうっとおしいと思いますので、一番下に記載

【生活編】
•バスタオル 最低二枚

もしくは中タオル4枚━雨期に限らず雨が続くと乾かない。
洗濯に出してもいいが日々のものは、手洗いしている人が多いです。

現地のタオルはかなり素材が悪いです。長期滞在の方は、吸収率のいいスポーツタオルが重宝します。

•水筒 、マイペットボトル

どの学校もウォーターサーバが設置されてますが、コップや水筒がないと初日から困ります。
•インスタントコーヒー

コーヒー好きには必要でしょう。学校のカフェは、朝の授業に間に合わない。

朝食に出てくることはほとんどないでしょう。勉強には、カフェインですよね。
※マグカップもあった方がよい。スーパーに売ってないこともあったので。

 

•割り箸、スプーンはあると便利
軽食にカップラーメンや、スープを飲むときに便利

 

•洗濯バサミ、洗濯袋、洗剤、ハンガー
少し持って行って買い足す方がいいかも。
生活当初は、準備や慣れない生活に苦労するもの。

洗濯バサミは、干していて風に飛ばされて見つからないという声お聞きます。

ハンガーは意外にも必須です。経験として最低5つ入ります。

 

・上履き、スリッパ

ドミトリーの部屋はみんな土足です。が外の共有トイレに行った後の靴でそのまま部屋に入るのでかなりふかいかも?

また、シャワーを浴びた後の草履も結構深いです。履きやすいスリッパは結構重宝するでしょう。

 

・サプリメント

フィリピンの食事は野菜や魚が非常に少ないです。

熱い国でビタミン不足は、頭痛、肌荒れの元です。ビタミン、ミネラル、カルシウムはあったほうがいいでしょう。

 

・ポケット付きパーカ

フィリピン人は部屋の中での冷房が半端なく、日本人にとっては寒すぎるくらいです。一日8時間以上寒すぎる部屋にいることになります。

上着は必須。パーカのいいところは、洗濯ができる、ポケットがついている(携帯、小銭)フードがついている

突然の雨も珍しくなく、休憩時間に急な雨!ということが結構ありました。

 

・長袖のTシャツ、スウェット、靴下

4月は雨続きで寒い日が一週間ぐらい続いたりします。

共同部屋の方は、要注意です。冷房かけっぱなしで寝る方も多く、中にはパーカーを着て寝ている方も

信じて一着は持って行ってください(こだわらないのであれば現地で調達可

・消毒液

特に雨季には、アメーバが発生 大げさに思う必要はありませんが、手の消毒にアルコール除菌はあったほうがいいでしょう。

行く際は、ウェットティッシュぐらいにして、現地の薬局で購入しましょう

ページの上部へ戻る