見出し

最新留学情報

学校の選び方
2019.09.08

《Howdy (ハウディー)の『ファッション×英語』ファッション英語コース》

Howdy(ハウディ)はマンダウェ市のインシュラースクエアというモールの隣にある学校です。学校と同じ敷地内のモールにはスーパーマーケットや、レストラン、薬局があり、安全に便利に生活できます。

HowdyでAcademic Headを務めるDr. Tampusはフィリピン教育界の第一人者です。Howdyで使われているカリキュラムは、Dr. Tampusのこれまでのさまざまな活動の成果を形にしたものです。

日本人シェフが作る食事は栄養のバランスがよく健康的で非常に美味しいです。
そんなHowdyには『ファッション英語コース』があります。

近年、日本を取り巻く環境で『英語力』はどの業界でも必須になっています。

こちらのコースではただの英語を学ぶのではなくアパレルにフォーカスした英語を学ぶことで短期間で仕事で使える英語力育成を目指します。

フィリピン・セブで英語を短期集中で学ぶことで学習効果を高めます。

また、欧米に比べて費用を抑えて勉強できることも魅力です。

なぜ『アパレル×英語』なのか?

現在日本には年間3000万人を超える外国人が日本へ来ています。

国として2020年に4000万人の外国人を迎え入れることを目標にしているのです。

無視できない、外国人のお財布

数年前には『外国人の爆買い』というワードが有名になりました。

ブランド品や貴金属がメインだったショッピングも近年、アパレルや日用品にシフトしています。

日本人の消費が冷え込む中、外国人のショッピングは無視できないレベルになっています。

英語ができない日本人。

『義務教育で6年間も英語を習っているのに、日本人は英語を話せない。』

こんなフレーズ、すぐに出て来ますか?

 ・一度、ご試着されますか?

 ・他にも3色展開していますよ。

 ・今着ているトップスにも合わせやすいと思います。

簡単なものでも出てこない日本人が多いのが現状です。

また、外国人向けの広告業務、バイヤーを希望している学生さんにも役立てる内容にしたのが今回のコースです。

こんな人たちにオススメ!

✔︎服飾の専門学校や大学に通っている学生さん

✔︎服飾関係の仕事をしている方

✔︎将来、服飾関係の仕事(バイヤー、MD、販売職)を目指している方

カリキュラムはどんな感じ?

2つのコースより選んでいただけます。

①ファッション販売職コース

カリキュラム
8:30-9:20 文法
9:30-10:20 グループレッスン
11:30-12:20 *販売英語*
13:30-14:20 *英単語* カラー/素材
14:30-15:20 グループレッスン
15:30-16:20 *発音*
16:30-17:20 *イディオム*

入店〜ファーストアプローチ、試着の進め方、クロージング方法など、入店からレジまでの流れをセクションに分けて学びます。

またカラーや素材の英単語と汎用性の高いフレーズを学び、対応能力を伸ばします。

同時に、句動詞や慣用句を取り入れた会話を学び接客現場で活かせるように練習します。

①バイヤー・MDコース

カリキュラム
8:30-9:20 文法
9:30-10:20 グループレッスン
11:30-12:20 *ファッション読解・プレゼン*
13:30-14:20 *英単語* カラー/素材
14:30-15:20 グループレッスン
15:30-16:20 *発音*
16:30-17:20 *イディオム*

バイイングする際に必要なカラーや素材の英単語はもちろん、セラーに質問する際によく使うフレーズを学びます。

また日本のファッショントレンドの潮流を解説できるようにファッションの記事(英文)を読解し、自分の意見を英語で言うレッスンを通じでプレゼン力を養います。

料金は?

1週間 2週間
1人部屋(プレミア) US$ 844 US$1,538
1人部屋 US$739 US$1,328
2人部屋 US$634 US$1,118
3人〜4人部屋 US$571 US$992

上記は授業料のみ金額になります。航空券等は各自で準備いただく必要がございますのでご了承ください。

 

 

 

また、フィリピン人のマーケットを知る課外授業を準備しています。

フィリピン特有のブランドや日本未上陸のブランド、オカイオカイと言われるローカル御用達の中古アパレル店、スーパーコピーと言われる偽物が売っているマーケット。

日本とは違うフィリピンを感じてみませんか。

1日をフルに使って、フィリピン特有のショップやマーケットを解説付きでご案内します。

値段:1人150ドル (3名さま、同時申し込みで無料)

 

2019 フィリピン セブ島 英語語学留学

Howdy (ハウディー)

 

ページの上部へ戻る