見出し

最新留学情報

学校の選び方
2019.07.31

【NILS体験談】日本の先生にこそ知ってほしいセブ島留学での企業見学と英語留学

「子供にはグローバルな人間に成長して欲しい」これは多くのご両親が願っていることだと思います。
留学を経験させる事は生徒の成長にプラスになるはず。
そう思う一方で大学生になってから、10代では早いのではと悩んでいらっしゃるご両親も多いようです。

語学学校NILS(ニルス)では高校生、高等専門学校生(以降、高校生もしくは高専生)に課外授業として企業見学プログラムを提案し大人数での留学の受け入れ態勢を整えています。

おかげさまで大型大学と海外企業の見学が可能となりました。
今回は企業見学と英語留学の一部をご覧ください。


大勢の高専生が企業見学に参加されました

高専、高校生企業見学プログラムとは高専、高校生企業見学プログラムとは、高専、高校生のための語学研修及び企業見学プログラムです。
今回、参加された徳山工業高等専門学校の生徒、19名とニルス先生達です。

 見学には現地の先生も引率します

ここで9日間のスケジュール例を紹介します。

1日目 オリエンテーション(入学説明)
2日目 南フィリピン大学(USPF:University of Southern Philippines Foundation)訪問
3日目~4日目 マンツーマンレッスン+グループアクティビティ(英語授業)
5日目 メトロポリタンセブ下水処理場(MCWD:Metropolitan Cebu Water District)訪問
6日目 インターナショナル製薬(IPI:International Pharmaceuticals .Inc)訪問
7日目~8日目 マンツーマンレッスン+グループアクティビティ(英語授業)
9日目 卒業式

今回の留学では9日間の内4日間を英語の授業、3日間を企業見学となっていました。
企業見学中もすべて英語での内容ですので9日間で約60時間英語に触れられます。

ニルスでは企業見学を積極的に取り入れて生徒の留学後の活躍に直結するよう心掛けています。

2019年の企業見学プログラムの内容

英語の授業と大学訪問から有名企業を体験していただけます

2019年度の企業見学プログラムの内容です。
今回の高専留学生は大学下水処理場製薬会社の3社に企業見学に行きました。
現地ガイドとニルス先生が引率しますが、もちろん英語での説明です。
生徒さん達にとっても生の英語に触れられる貴重な時間になります。

University of Southern Philippines Foundation

University of Southern Philippines Foundation(以下、USPF)南フィリピン大学に訪問しました。
こちらは24学科6,000人が入学するマンモス校です。
(法律、教育、人文、社会学部といった文系学部から看護、薬学、工学、建築などの理系学部まで幅広く教育の機会を提供しています。)

セブ島の大学の見学に行ってきました

ニルスは南フィリピン大学(USPF)と5年間の協定を結びました

ニルスと南フィリピン大学(USPF)は5年間の協定を結び、協定校となることで、大学内の見学や施設見学ができるようになりました。

海外の大学への進学も最近多くなっているので、海外の大学を見学する機会もなかな無いと思われますので留学の機会に、ぜひご利用ください。

ページの上部へ戻る