見出し

最新留学情報

セブ島あれこれ
2019.07.25

<タクシーでオスロブ、スミロン島、カワサンの滝に行ってみた。①>

セブ島に留学中、平日は授業と予習、復習でそんなに遊ぶ時間はありません。

しかし土曜日・日曜日、祝日は海やプールでリフレッシュしてまた月曜日からの授業に備えてください。
セブ島のアクティビティは手軽なところではリゾートホテルでデーユース、十数人乗りの小さなボートで近くの島に渡りアイランドホッピング、
少し慣れてくるとボホール島に日帰り旅行や世界的なビーチリゾートのボラカイ島に一泊旅行が出来ます。
こんなリゾートアイランド、セブ島で過ごしながら
来週末は卒業、でも今週末はアクティビティの予定を考えてなかった。。。
明日は三連休の最終日。でも予定は何もない。。。
ってことがあったら。。。
明日、日帰り旅行で楽しみたいと思い。みんなで考えました。
ある一人がオスロブに行ったことがないと言い出しました。
オスロブはセブシティから車で4時間くらい南に移動する漁師町ですがジンベイザメと一緒に泳げます。
そこで今回は『明日オスロブでジンベイザメと一緒に泳ぎたい』というコンセプトで考えます。
オスロブへ向かう手段は通常、主に2つあります。
1つめは、自力で手配しながら目的地を目指す方法。オスロブのビーチへは、セブ市内からバスで1本、 乗り換え無しで辿り着けます。
正しい高速バスにさえ乗ることができれば、経路は単純です。料金は片道一人150〜180ペソ(エアコン付)
もう一つはダイビングショップにツアーを申し込む方法。こちらは、トリップアドバイザーで検索、交通費、食費、エントランスフィー、ガイド込みで、シュノーケリング・約21,000円。
しかし今回は前日の夜のミーティングです。バスでの移動はネットで調べる時間もあまりありません。
ダイビングショップにツアーを申し込むのも翌日の朝は受け付けてくれませんでした。
そこでタクシーでオスロブまで行ってみることに。。。
 
翌日、AM5:00に4人でタクシーをひらい運転手さんに交渉!!!
私たちは留学生です学習した英語をつかって交渉しましょう!
「オスロブでジンベイザメを見てスミロン島で遊びたいんだけど。。。」
「4000ペソで往復おねがいします。」
すると運転手さんが「もう少しくださいよ」
「じゃあ、帰りにカワサンの滝に寄ってくれたら4500ペソでどう?」
運転手さんがOKしてくれました。
長い1日の旅の始まりです。
4500ペソなので日本円で約¥10,000弱、4人で割れば約¥2,500です。バスなら往復約¥700なので少し割高です。
走り出して10分ほどでガソリンの給油!
運転手さんが「ガソリンをいれるからお金ちょうだい」
もちろん交渉でガソリン込みの費用なのでキッパリ断りました。
そこからは早朝ということもありセブ島、名物の渋滞もなく約4時間で快適にオスロブの町まで到着しました。
到着するとすぐに現地のガイドさんがバイクでタクシーに近寄ってきます。
[コース]
1. ボート上から見学
( 300ペソ/約700円)
2.シュノーケリング30分
(1000ペソ+マスクレンタル50ペソ/約2400円)
3.ダイビング
(1500ペソ+ガイド代1500ペソ/約7000円)
コースはシュノーケリングコースに決めました。
あとはガイドさんに従って海岸に降りていきます。
ガイドさんいわく、2時間待ちとのこと。。。
もう少し早ければ待ち時間は少ないとのことなのでAM7:00〜AM8:00には到着することをおすすめします。
留学生は学習した英語をつかって頂きたいのですが。。。
観光地なので日本語の説明書もあるのである意味、、、安心! 笑
待ち時間1時間くらいで数人乗りの小さなボートに案内されました。
数十メート沖にたくさんのボートがあるのであのあたりでジンベイザメが泳いでいるのでしょう!
シュノーケリングスポットに到着して海に入るとスゴい!!!
想像していた以上に近くにジンベイザメが3頭もいます。
たぶん全体では10数頭いるように見えます。
こちらから近づかなくてもジンベイザメの方からあたってくる勢いです。
スタッフがまいてるエサを間近で食べています。『感動です!!!』
ジンベイザメはとてもおとなしい性格で、主に海中のプランクトンや小魚などを食べています。臆病で、人間を襲うはありません。飼育が難しいことでも知られています。
実際、ジンベイザメは餌を撒くボートを追いかけることに夢中で人間には、ほぼ興味を示しません。ジンベイザメと人間とがぶつかってしまうことがありますが、それでも気にせず
ゆっくり通り過ぎてゆきます。
日本では水族館でしかお目にかかれず、海外で潜るダイバーにとっても、遭遇できる確率が高いとは言えないジンベイザメ。
オスロブではそんな憧れの存在に、ほぼ100%の確率で出会えます。
皆さんも、是非一度体験してみてください。

2019 フィリピン セブ島 英語語学留学

オスロブ ジンベイザメ 海洋保護区 スミロン島 カワサンの滝 タクシー

ページの上部へ戻る